小中一貫教育 のページ

 小曽根小学校統廃合について、令和5年7月6日、豊中市教育委員会より説明会を開催して欲しいとの依頼が有り、令和5年3月に公表された「豊中市小中一貫教育スケジュール」にて小曽根小学校と豊島小学校を第十二中に統廃合し、義務教育学校を開設することの説明がありました。これに対して、地域での議論を経て、令和5年12月に「なぜ、この統廃合が必要なのか?」についての質問状を市に送付しました。

 令和6年1月に、教育委員会から回答を得るも内容は受け入れ難く、令和6年3月議会に向けて、このスケジュール作成経緯についての不審とスケジュール撤回を求めた要望書を、市長・教育委員会・市議会議長・市議各会派に手交しました。3月議会では、行政(教育委員会)に対して、本スケジュールについての疑問、又作成経緯への不審について質問があり、行政からは「地域に対して不安と混乱を生じさせた」ことから、本スケジュールの見直しをするとの答弁が有りました。当面の豊島―小曽根・統廃合スケジュールについては、見直しがされるようですが、少子化が進む中、12中校区(小曽根・高川・豊南)の統廃合と小中一貫教育スケジュール検討は避けられないところですので、引き続き行政との対話を進め、地域住民・子ども達の未来にとって最善を尽くしたいと考えております。

 


令和6年2月15日に、「小曽根小学校区住民一同 、“おぞねっと”小曽根小学校地域自治協議会」名で豊中市長あて要望書を提出しています。

また、同時に市議会議員各会派にも同様の内容で提出し、3月議会で取り上げていただきました。

 

なお、学校教育審議会・議事録第3回及びそれ以前の議事録をみても「小中一貫教育推進の想定スケジュール」が審議された形跡がありませんこと申し添えます。

ご意見等

メモ: * は入力必須項目です



2024.01.26  豊中市からの回答文(第1回)


2023.03.30  豊中市から提供された計画書など資料